進路指導



 本校は、卒業後は全員が職業自立し、社会自立をすることを目指しています。

進路指導の流れ

1年生・・・校内実習
       9月に1週間(校内で9時から15時まで連続して工業科の授業を体験します。)
       2月に1週間(校内で9時から15時まで連続して工業科の授業を体験します。)

2年生・・・産業現場における実習(体験実習)
       6月に1週間、1月下旬から2月上旬に2週間
       (体験自習を地元の企業で9時から15時まで作業を行い、企業で働くことを実際に体験します。)

3年生・・・産業現場等における実習(現場実習)
       6月に2週間、以降随時
       (就職を前提とした現場実習を行います。この実習で、実習先の企業の入舎試験を受けることができるか決まる
        ことも多いです。)
       9月中旬から入社試験
       (入社試験に向けて、筆記試験や面接等の試験の指導を行います。)

卒業生の就労先

 卒業生の就職先は製造業がほとんどですが、近年、サービス産業、福祉関係も増加傾向にあります。また、事務関係の仕事に就く卒業生もいます。