令和3年12月6日

あんかけうどん 切り干し大根の煮物

切り干し大根はどうやって作るか知っていますか?切り干し大根は、大根を細かく切って干しておくとできます。干すと長期保存ができるようになるほか、栄養価も高くなります。切り干し大根には、生の大根に比べてカルシウムや食物繊維が多く含まれています。煮付けや炒め物、味噌汁など、いろいろな料理でおいしく食べることができます。

令和3年12月3日

ミルクロールパン 煮込みハンバーグ ポテトソテー きのこのクリームソース

12月に入り、いよいよ本格的な冬がやってきました。今は皆さんが感染症予防のためにマスクをしていますが、風邪をひかないためには十分な栄養をとることも大切です。みなさんは好き嫌いをしていませんか?好き嫌いをすると栄養のバランスが崩れて、体の抵抗力が尾と落ち、風邪を引きやすくなります。好き嫌いせず、できるだけ何でも食べるようにしましょう。

令和3年12月2日

ご飯 わかさぎの南蛮漬け 小松菜と豚肉のソテー かぼちゃの味噌汁

わかさぎは頭から骨まで全部食べられる魚でカルシウムをたっぷりとることができます。冬の風物詩として凍った湖に穴をあけて釣りをするスタイルが有名ですね。今日のようにから揚げにしたり、天ぷらにしたり、焼いて食べたりします。

令和3年12月1日

ご飯 みそおでん 昆布和え

今月の給食目標は「食事のバランスを考えよう」です。食べ物には、それぞれ栄養があり、いろいろな食べ物をバランス良く食べることが健康な体づくりには欠かせません。新型コロナウイルスだけでなく、風邪やインフルエンザなどの感染症にかからないためにも、食事をする時にはバランスを考えて食べるようにしましょう。

令和3年11月30日

ご飯 白ごまつくね じゃがいもとじゃこのサラダ たまねぎの味噌汁

つくねとは、ひき肉に刻んだねぎや卵、調味料を混ぜて丸め、焼いたり煮たりしたものです。「こねて丸める」という意味を持つ「つくねる」という言葉が語源です。同じような言葉で、「つみれ」がありますが、ことらは「つみいれる」という言葉が語源で、少しづつちぎって鍋に直接入れてゆでることから、「つみれ」と呼ばれるようになりました。

令和3年11月29日

ご飯 タンドリーチキン ポテトソテー キャベツのコンソメスープ

インドのパンジャーブ地方に伝わる伝統料理のひとつです。鶏肉を串にさしてたンドゥールと呼ばれるつぼ窯で焼いたものです。ヨーグルト、塩、コショウ、ウコンなどの香辛料などに肉を漬け込んだ後で香ばしく焼きあげます。ヨーグルトで肉が柔らかくなるので、食べやすくなります。



令和3年11月26日


味噌ラーメン 春巻き 切り干し大根の中華和え

今や代表的な日本食のひとつともなった「ラーメン」ですが、日本ではじめて中華麺を食べたのは、だれか知っていますか?日本ではじめて中華麺を食べたのは、江戸時代の水戸藩藩主、水戸光圀といわれています。ただ、私たちが今食べているようなラーメンが日本で誕生したのはもっとずっと後で、明治時代になってからです。

令和3年11月25日


さつまいもご飯 鶏肉と大根のバター醤油煮 きのこ汁 蒲郡みかんプチゼリー

今日は春日井高等特別支援学校の「愛知を食べる学校給食の日」です。今日の給食には学校産の野菜が使われています。煮物には大根が、ご飯にはさつまいもが入っています。1年生のみなさんが一生懸命育てた野菜です。味わって食べましょう。

令和3年11月24日


麦ご飯 さばのカレー焼き さつまいもと刻み昆布の煮物 もずくの味噌汁

さつまいもは昔、薩摩地方に伝わったことからそう呼ばれるようになりました。ほかにも、「唐いも」や「琉球いも」など、その土地でとれる名前の芋として呼ばれています。また、今では品種がとてもたくさんあり、九州や沖縄でよく作られる紫色の紫いもや、中身が濃い黄色の安納芋など、日本ではおよそ数十種類栽培されているそうです。

令和3年11月20日


チキンカレーピラフ キャベツのコンソメ煮 マスカットゼリー

今日は文化祭!!給食にマスカットゼリーがでて、販売実習で大忙しだったり、発表で緊張した体にしみわたりました。





令和3年11月19日


鶏肉とごぼうの混ぜご飯 呉汁 金時芋まんじゅう

大豆を水に浸し、すりつぶしたものを「呉(ご)」といい、呉を味噌汁に入れたものを「呉汁」といいます。給食では乾燥大豆ではなく、水煮してある大豆をすりつぶして使います。秋に収穫された大豆が出回る秋から冬に冬によく食べる料理ですが、栄養価の高い料理なので、寒さで体力が落ちている今の時期に風邪予防として食べてもよいでしょう。

令和3年11月18日


ソフトめんミートソース キャロットサラダ

今日の給食の主食はソフトめんです。ソフトめんの正しい名前は、ソフトスパゲティ式めんで、うどんとスパゲティの両方の特徴を取り入れためんで、給食でしかたべることができません。主食のバリエーションを増やす目的で、今からおよそ50年前の1965年に初めて東京の給食に登場しました。

令和3年11月17日


ご飯 肉豆腐 ひじきのごまサラダ

ひじきは海藻の一種で、鉄、カルシウムなどのミネラルや食物繊維がたくさん入っている体に良い食べ物です。ひじきには特に鉄分が多く含まれています。運動を多くすると汗と一緒に鉄分も体から出ていってしまいます。たくさん運動した時は積極的に鉄を多く含む食べ物をとるようにしましょう。

令和3年11月16日


ご飯 さばの八丁味噌煮 おからの炒り煮 かぼちゃの味噌汁

今日の煮物のおからは、何からできているか知っていますか。おからは、豆腐を作る工程の途中大豆を煮た汁をしぼって投入をつくるときに出る、しぼりかすです。残り物といってもその栄養価は高く、たんぱく質や食物繊維、カルシウムなどを多く含んでいます。

令和3年11月15日


麦ご飯 肉団子の酢豚風 五目味噌スープ

今日のスープには、きくらげが入っています。黒い海藻のようなもので、耐えbると歯ごたえがあるものがきくらげです。きくらげはきのこの一種で中華料理によく使われます。以前はほとんどが中国産のもので乾燥した状態で流通していましたが、最近は日本でも栽培するようになってきて、生のきくらげも売られるようになってきました。


令和3年11月12日


ご飯 さんまのみぞれ煮 切り干し大根としらすのごま酢和え けんちん味噌汁

今日はさんまが給食に出ています。さんまは漢字で書くと、秋、刀、魚と書きます。秋に旬を迎える刀のような形をした魚ということからこのように表すようになりました。脳を活性化するDHA、EPA、というあぶらを多く含みます。

令和3年11月11日


麦ご飯 じゃがいものそぼろ煮 ほうれん草とささみの和え物

給食にはよとり肉が登場します。とり肉といっても食べる部位で名前が違います。お店でも部位ごとに分けて売られています。それぞれ見た目が違うので、見比べると違いがわかりやすいです。また、食べてみると味や食感にも違いがあります。むね肉やささみは、あっさりしていて、もも肉や手羽は、コクがあります。今日の給食にはささみを使用した和え物が出ています。

令和3年11月10日


くろロールパン ポトフ ビーンズサラダ りんご

りんごはヨーロッパのことわざで、「一日一個のりんごで医者いらず」と言われるくらい健康に良い成分が含まれています。また、果物は朝食べると脳へのエネルギー源となるため、朝りんごを食べるとよいですね。


令和3年11月9日


中華飯 ぎょうざ 大根とほたて貝柱のスープ

今日のスープにはほたての貝柱が入っています。普通の二枚貝にはふたつの貝柱がありますが、ほたてには大きくなるうちにひとつが退化してひとつだけになります。ほたては泳ぐことで有名ですが、この貝柱があるおかげで泳ぐことができるのです。

令和3年11月8日


金芽ロウカット玄米 さわらの西京焼き 小松菜と豚肉のソテー 根菜汁

今日の給食は、かみかみ献立です。河野給食にはよく噛む食材と歯を強くする食材が多く取り入れられています。よく噛む食材として、根菜汁に大根、ごぼう、れんこんが入っています。また、歯を強くする食べ物として、カルシウムや骨を強くするビタミンDを多く含むさわら、カルシウムを多く含む小松菜がでています。今日はいつもより多く噛むことを意識して給食をいただきましょう。

令和3年11月5日


里芋ときのこの和風カレー キャベツとわかめのサラダ 福神漬け

福神漬けの中には、なたまめ、という野菜が入っています。なたまめは古くから食用や薬用として栽培されていて、その形からさまざまな呼び名がつけられています。主なものは、トウズ、タチマメ、タテハキなどです。なたまめは成長が非常に早くその成長する様子から、童話の「ジャックと豆の木」の、モデルになったと言われています。

令和3年11月4日


ご飯 ぶりフライ 春雨サラダ 豚汁

今日の給食は、ぶりのフライです。ぶりは普段からよく食べる魚のひとつですが、出世魚として有名なことを知っていますか?出世魚とは成長するのにつれてその呼び名が変わる魚で、縁起の良い魚とされています。ぶりは地方によって呼び名が変わりますが、関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ、関西ではモジャコ→ワカナ→ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ、と呼びます。

令和3年11月2日


愛知のツイストパン かぼちゃとブロッコリーのシチュー ほうれん草とベーコンのサラダ オレンジ

今日のシチューにはブロッコリーが入っています。ブロッコリーは愛知県の特産品のひとつで、冬が旬の野菜です。ブロッコリーはキャベツの仲間で、わたしたちが食べているのは、つぼみと茎の部分になりあmす。同じ仲間の野菜として、カリフラワーやロマネスコなどがあります。

令和3年11月1日


麦ご飯 さつまいもコロッケ ごぼうサラダ なすの味噌汁

今月の目標は、「食事と衛生について考えよう」です。「ノロウイルス」は食中毒を起こすウイルスのひとつです。とても感染しやすく、ほんの少しの量で感染してしまいます。ノロウイルスにかからないために大切なことは、まずしっかり手洗いをすることです。みなさんはトイレの後、食事の前、外から帰った時など、しっかり手洗いしていますか?手を洗う時は、石けんをしっかり泡立てて洗うより効果的です。そして、手洗いと一緒にうがいもしましょう。

令和3年10月29日


チキンライス グリーンサラダ かぶのコンソメスープ ハロウィンカップケーキ

10月31日はハロウィンです。ハロウィンは、古代ケルト人のお祭りから始まりました。アメリカに渡り、お化けの仮装やパーティーを楽しむ秋の一大イベントになりました。ハロウィンにはかぼちゃをくりぬいて作った「ジャック・オ・ランタン」が飾られます。今日の給食も、ハロウィンにちなんで、かぼちゃの甘煮をトッピングしたマフィンがついています。



令和3年10月28日

金芽ロウカット玄米 まぐろのごまがらめ 小松菜のおかか和え 里芋の味噌汁

今日の給食は、かみかみ献立で、よく噛む食材と歯を強くする食材が多く取り入れられています。ごはんには噛みごたえがある金芽ロウカット玄米が入っています。そして、歯茎を強くする「ビタミンC」が豊富な小松菜の和え物として出ています。そのほか、強い歯をつくるために必要なカルシウムの吸収を助ける「ビタミンD」を多く含むまぐろも主菜として出ています。



令和3年10月27日


親子丼 豚肉と大根の生姜煮 きのこの味噌汁

親子丼という名前の由来は、鶏肉と卵を使っていることからその名前がついたそうです。今では家庭料理のひとつとして広く知られていますが、その誕生は明治時代の東京の鶏肉料理専門店だそうです。お店には鶏肉の鍋を卵でとじて食べる「親子煮」という料理があり、その料理をこはんにのせて食べるようになり、その料理が広まって、のちに親子丼という料理になりました。



令和3年10月26日


りんごパン 照り焼きチキン ポテトソテー キャベツとお豆のスープ

今日の給食のパンには、りんごの甘煮を角切りがたくさん入っています。りんごは食物繊維をはじめ、カリウムが多く、体の中のいらないものを外に出す働きがあります。外国に「一日1個のりんごは医者を遠ざける」ということわざもあるくらい、体に良い果物です。

令和3年10月25日


麦ご飯 タッカルビ 春雨サラダ スイートポテト

タッカルビは韓国料理のひとつです。韓国語で「タッ」は「鶏」、「カルビ」は「あばら骨」を表し、「骨のまわりの肉を食べる鶏料理」という意味合いがあります。ぶつ切りにした鶏のもも肉とニンジン・タマネギなどの野菜を、甘辛いコチュジャンをベースにしたタレをかけて鉄板の上で炒めて食べる料理です。

令和3年10月22日


ご飯 秋鮭の照り焼き キャベツとひき肉の甘味噌炒め 呉汁

今日の照り焼きの鮭は、秋鮭と呼ばれる日本で獲れる鮭です。鮭は世界的に人気がある魚の魚のひとつで、主にノルウェーで獲れる「アトランティックサーモン」は脂がのっていておいしいと言われています。一方、秋鮭はあっさりした味わいでカロリーが控えめですが、サーモンと変わらずコレステロールを下げるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は豊富です。


令和3年10月21日


麦ご飯 かぼちゃひき肉フライ 小松菜と豚肉のソテー 石狩汁

石狩汁は北海道の石狩鍋という郷土料理をお椀で手軽にいただけるようにアレンジした料理です。北海道の石狩市という場所が発祥であることから、その名前がつきました。石狩鍋は、鮭の”あら”と旬の野菜を入れて味噌仕立てにする料理です。


令和3年10月20日


レーズンロールパン 煮込みハンバークのトマトソース ほうれん草とコーンのソテー 白菜のコンソメスープ

ハンバーグの起源は、18世紀頃ドイツの港町、ハンブルグで労働者に人気のあったタルタルステーキだと言われています。タルタルステーキとは、13世紀頃よーろっぱまで攻め込んでいたモンゴロイド系の騎馬民族、タルタル人が食べていた生肉料理を原形としています。今のはんばーふちはずいぶん違いますね。

令和3年10月19日


麦ご飯 愛知県産食材入り肉団子 切り干し大根の煮物 じゃがいもの味噌汁

今日の肉団子に使われている鶏肉と豚肉は、愛知県産です。愛知県は野菜の産地として有名ですが、畜産でも全国的に有名な県です。鶏肉は主に設楽町や東栄町など東三河が産地となっています。豚肉も東三河でたくさん飼育されていますが、こちらは田原町や豊橋市が有名です

令和3年10月18日


秋のみのりご飯 里芋とがんもの煮物 かぼちゃの味噌汁

今年の十三夜は、今日、10月18日です。十三夜とは、旧暦の9月13日で、十五夜の次にめぐってくる満月の日のことを言います。十五夜の後なので、「後の月」と言われることもあります。十三夜には栗や枝豆を供えることから、「栗名月」、「豆名月」とも言います。そのほか団子も供えますが、十五夜の時には15個、十三夜の時には13個供えます。

令和3年10月15日


ご飯 すき焼き風煮 切り干し大根としらすのごま和え 金時芋まんじゅう

今日の芋まんじゅうのいもは、さつまいもです。さつまいもの旬は10月頃です。収穫はもう少し早く始まりますが、少し貯蔵しておいて水分を蒸発させてから食べるとほくほくしておいしいです。さつまいもの主な産地は鹿児島県、千葉県、茨木県などです。



令和3年10月14日


ソフト麺肉みそかけ キャベツとわかめのサラダ 柿

秋の代表的な果物の柿。柿には「富有柿」と「次郎柿」という種類があり、富有柿は果肉がやわらかくて次郎柿はかためです。柿はビタミンCとビタミンAを多く含み、特にビタミンCは柿1個で一日の必要量をほぼとることができるくらい含んでいるそうです。ビタミンCは、疲労回復、風邪の予防、がん予防、老化防止に効果があります。


令和3年10月13日


秋鮭の混ぜ込みご飯 肉じゃが けんちん汁

けんちん汁はもともと精進料理です。お寺などで食べられる料理で、野菜や豆やいもなどの植物だけで作られています。この料理は鎌倉の建長寺というお寺でつくられていたのでこの名前がついたともいわれています。


令和3年10月12日

ポークカレー ほうれん草とベーコンのサラダ 福神漬け

ほうれん草は、代表的な緑黄色野菜のひとつで、風邪の予防に効果があるビタミンAのもとになるカロテンが多いほか、鉄分が多いことで有名です。鉄が不足すると貧血になります。鉄はタンパク質やビタミンCと一緒に食べると効率よく体に吸収されます。

令和3年10月11日


麦ご飯 焼き栗コロッケ 五目きんぴら 高野豆腐の卵とじ汁

高野豆腐は、豆腐を凍らせて低い温度で熟成させたあと乾燥させた食品です。乾燥した状態では食べられないので、水で戻したのちだし汁などで煮て食べることが多いです。給食では卵とじにして提供しています。

令和3年10月8日


ご飯 いわしの生姜煮 筑前煮 いものこ汁

筑前煮は、別名、いり鶏とも言います。いり鶏は鶏肉を炒ってから野菜と一緒に煮ることからその名前がつきました。がめ煮という名前で呼ばれることもあります。がめ煮は九州地方での呼び方で、古くから食べられている郷土料理のひとつです。日本にはこのがめ煮のように各地で古くから食べられている郷土料理がたくさんあります。


令和3年10月7日

五目うどん 小松菜としらすのソテー ブルーベリークレープ

10月10日は「目の愛護デー」です。10月10日の数字を横に倒すと、1が眉毛に、0が目に見えることから、眉毛と目が10月10日には二つあるので、目の愛護デーとなったそうです。今日のデザートはブルーベリーのソースが入っているクレープです。ブルーベリーは疲れ目の改善に効果的なアントシアニンを多く含みます。

令和3年10月6日


コロッケサンド ポークビーンズ りんごゼリー

ポークビーンズは給食で定番の料理ですが、もともとはアメリカの家庭料理のひとつです。豚肉と大豆をトマトで煮込んだこの料理はたんぱく質とビタミンがたっぷりで、栄養満点の料理です。日本では大豆を入れますが、本場のアメリカでは白インゲン豆を入れることが多いそうです。

令和3年10月5日

麻婆飯 切り干し大根とほうれん草のナムル ひじきのごまスープ

先週から10月が始まりました。先月までは残暑が厳しく暑い日が続いていましたが、10月に入るとからっとした気候の日が多くなり、朝と夕方の気温差が大きくなります。こういうときは体調を崩しやすくなるので、好き嫌いをせず何でも食べて体の抵抗力を高めましょう。

令和3年10月1日


ご飯 みそおでん キャベツとひじきの和風サラダ いちごのスティックケーキ

今月の目標は「栄養と健康について知ろう~丈夫な体をつくるために~」です。みなさんは、毎月配られる献立表を見ていますか?献立名のとなりには使われている食材がそれぞれの役割ごとに分けられています。食品にはいろいろな栄養があり、バランスよくとることで私たちの体を健康に保ってくれているのです。好き嫌いをせず、なんでも食べましょう

令和3年9月30日


麦ご飯 回鍋肉 しゅうまい もずくスープ

今日の給食の主菜は、回鍋肉です。回鍋肉は、中華料理の中の四川料理のひとつで、中国では豚肉をかたまりのままゆで、冷ましてから薄切りにして野菜と炒め合わせ、豆板醤や豆鼓、甜麺醤と言われる甘味噌などで調味したいものです。回鍋(ホイコー)とは、一度調理したものを再び鍋に戻して調理するという意味です。


令和3年9月29日


豚味噌ピリ辛丼 キャベツとわかめのサラダ 豆腐のすまし汁

今日はキャベツが主役のサラダが出ています。キャベツには、春キャベツと冬キャベツがあり、全体的に丸い形で葉の巻きがゆるく、生で食べることに向いています。冬キャベツは平たい形をしていて、葉はかたく、加熱しても煮崩れしにくいという特徴があります。



令和3年9月28日


カツドッグ じゃがいものコンソメスープ オレンジ

オレンジには主に種類として、バレンシアとネーブル、ブラッドオレンジの3種類があります。現在、国内で出回っているオレンジのほとんどはアメリカなどからの輸入ものになっていますが、国内でもネーブルオレンジやブラッドオレンジが少量作られてます。




令和3年9月27日


さつまいもご飯 さばの生姜煮 小松菜のなめたけ和え 具だくさん味噌汁

今日の給食は、かみかみ献立で、よく噛む食材と歯を強くする食材が多く取り入れられています。具だくさん汁に入っている根菜類噛みごたえがある食べ物です。そして、小松菜には歯を強くするカルシウムが多く含まれています。主菜のさばにはビタミンDが豊富に含まれていて、カルシウムの吸収を助けます。


令和3年9月24日


麦ご飯 里芋コロッケ れんこんきんぴら 豚汁

今日のコロッケは里芋を使ったコロッケです。コロッケは普通、じゃがいもを使ていますね。里芋のコロッケはじゃがいもに比べもっちり、ねっとりしていて違うおいしさがあります。このねばりはムチンやガラクタンというもので、胃の粘膜を守ったり、免疫を高めたりする働きがあります。


令和3年9月22日


ビビンバ ひじきのごまスープ 巨峰

ブドウの旬は夏から秋にかけてで、今が旬です。春日井市や小牧市でも多く栽培されていますね。ブドウは房の舌の方より、上の方が甘く、下から順に食べるとよいそうです。巨峰は愛知県の特産品でもあり、生産量は全国4位です。おもに大府市や東浦町で栽培されていて、旬の時季になると道ばたに直売所ができたり、ぶどう農園でぶどう狩りができたりします。


令和3年9月21日


ご飯 さんまのみぞれ煮 豚肉と里芋のコク煮 大根のすまし汁 お月見大福

今日は中秋の名月です。そのため、今日の給食はお月見にちなんだ献立です。お月見は、昔の暦八月十五日のことをいいます。毎年日にちは違いますが、秋の収穫が始まる頃で、昔の人は月を神様のように思い、ススキやお団子、この時期に収穫されたばかりの里芋をお供えして、感謝しながら月をながめていました。

令和3年9月17日


肉味噌ソフト麺 フルーツポンチ

今日のフルーツポンチにはナタデココが入っています。ナタデココはスペイン語です。ココナッツに浮かぶ皮という意味だそうで、その成分は食物繊維です。食物繊維はコレステロールの低下や、便秘解消、大腸がんの防止などに効果があるといわれています。

令和3年9月16日


ご飯 サバの塩焼き さつまいもと刻み昆布の煮物 豆腐のすまし汁

代表的な秋の味覚のひとつ、さつまいもの旬は10月頃です。収穫はもう少し早く始まりますが、少し貯蔵しておいて水分を蒸発させてから食べるとほくほくしておいしいです。さつまいもの主な産地は鹿児島県、千葉県、茨木県などです。食物繊維を多く含み、さつまいもに含まれるビタミンCはでんぷんに守られているので、熱を加えても壊れにくいのが特徴です。

令和3年9月15日


きのこカレー キャベツとベーコンのレモンサラダ 福神漬け

カレーライスの薬味の定番といえば、福神漬けでしょう。福神漬けは、もともとお酒のいつまみとして漬物屋さんで売っていたもので、明治時代にカレーライスの薬味としてついていたのは、チャツネというフルーツをジャムのように煮詰めたものでした。ところが、たまたまチャツネを切らしたお店が代わりに福神漬けをだしたところ好評だったため、それ以後福神漬けを薬味としてだすお店が増えたそうです。

令和3年9月14日

にんじんご飯 肉じゃが しらす入りつみれ団子汁 さつまいもと栗のタルト

愛知県にはにんじんの産地があります。碧南市、西尾市、愛西市です。西三河の産地ではにんじんをたくさん入れた混ぜごはんを「にんじんごはん」と呼び、郷土料理として昔から親しまれています。「したじごはん」とも呼ぶそうです。




令和3年9月13日


ご飯 ささみ大葉梅肉フライ ビーフンソテー 大根の味噌汁

今日のフライのささみ、梅、大葉は全て愛知県産です。大葉は愛知県が全国でも有数の産地で、産出額では全国1位です。青しそは刺身の飾りなどによく用いられますが、「ロズマリン酸」というポリフェノールを多く含むほか、抗酸化作用、抗アレルギー、抗炎症作用があると言われています。そのほかにも、香りの成分である「ぺリルアルデヒド」には、強い防腐作用があります

令和3年9月10日


豚丼 キャベツのゆかり和え 豆腐の味噌汁

今日の和え物はゆかり和えです。みなさんはゆかりとは何か知っていますか?ゆかりは赤しそを使ったふりかけのことです。色が紫色で、古くから紫色のことを「ゆかり」色と呼ぶことから、この名前がつきました。




令和3年9月9日


塩ラーメン 春巻き ほうれん草のツナ和え

春巻きは中華料理のひとつで、飲茶の時によく食べられているそうです。なぜ春巻きという名前かというと、立春のころ新芽が出た野菜を具として作られたところからそう名付けられたそうです。英語を話す国では、直訳した「スプリングロール」の名で流通しているそうです。


令和3年9月8日


金芽ロウカット玄米 鶏肉のカレー醤油焼き ブロッコリーの昆布和え じゃがいもの味噌汁

今日の主食は、金芽ロウカット玄米です。このお米は普通の玄米と同じ栄養価がありながら、消化が良いのが特徴です。さらに、白米と比べて糖質、カロリーとも30%ほど少ないという特徴もあります。少しぷちぷちとしたかみごたえもあるので、よく噛んで食べるようにしましょう。

令和3年9月7日


くろロールパン ラタトゥーユ 大豆入りナゲット 彩りコールスローサラダ

今日のナゲットは、愛知県産の大豆が入っている、地産地消の食品です。愛知県の大豆生産量は6040トンで、全国で12位です。ナゲットとは、英語で「天然の金塊」を意味し、色や形が似ていることから名付けられたそうです。




令和3年9月6日


麦ご飯 あじフリッター 炒り豆腐 切り干し大根の味噌汁

あじの名前の由来を知っていますか?その「味の良さ」から名前がつけられている、と言われています。また、漢字では魚へんに集まるという意味の「参」という漢字を書きます。これは、おいしくて参ってしまうとか、あじが群れをなして集まる、という意味からきているなど諸説あります。


令和3年9月3日


麦ご飯 なすと春雨の麻婆炒め ぎょうざ 冬瓜のスープ

今日のスープには冬瓜が入っています。冬瓜は、漢字で「冬の瓜」と書きます。夏が旬の野菜ですが、冷たいところに置いておくと冬まで保存できることから、この名前がついたそうです。冬瓜は、代表的な夏野菜のひとつで、水分やビタミンC、カリウムが多く、夏バテに効果があります。


令和3年9月2日


大豆入りキーマカレーひじきサラダ 福神漬け

夏休みの間に生活リズムが崩れてしまった人はいませんか。生活リズムを元に戻すためには、毎朝、朝ごはんを食べることが大切です。朝ごはんを食べると、眠っていた体が目覚め、一日を気持ちよく元気に過ごすことができます。夏バテで食欲がない人も、朝ごはんは必ず食べるようにしましょう。


令和3年9月1日


わかめご飯 豆腐ハンバーグきのこソース 切り干し大根としらすのごま酢和え 国産レモンゼリー

今月の給食目標は「よく噛んで食べよう」です。よく噛んで食べると、脳にある満腹中枢が働いて食べ過ぎを防げます。そして、食べ物の本来の味がわかるので、味覚が発達します。口の周りの筋肉を使うので、表情がとても豊かになるほか、唾液がたくさん出て口の中をきれいにし、虫歯や歯周病を防ぎます。
 噛むとこんなに良いことがたくさんあります。今まであまりよく噛んでいなかった人は、今日からよく噛むように心がけましょう。